AGAはクリニックを受診して治療することができる!

これだけはチェックしておきたいこと

男の人

AGA治療法と自分でできる対策

AGA治療にはいくつかの方法があります。このページではその治療方法について代表的なものをまとめてみました。また、自分でできるAGA対策法についても紹介しているのでぜひ目を通してみてください。

READ MORE

診察までの流れ

カウンセリングを受ける

まずは、近くのAGA治療を専門とするクリニックでカウンセリングを予約しましょう。カウンセリングでは、頭皮・頭髪ケアの専門スタッフが悩みを聞いてくれます。初めは恥ずかしいかもしれませんが勇気を出して、思い切ってカウンセリングを受けましょう。

受診する

予約日が決まったら、受診しましょう。受診当日は、保険証と運転免許証などの身分証明証を忘れないようにしましょう。クリニックによっては、予約を取らずに訪れて受診できることもありますが、待ち時間が長くなるので、予約した方がいいですよ。

診察を受ける

診察とカウンセリングが異なるのは、専門医によるものかどうかという点です。診察では、血圧測定、採血などから身体の健康状態を調べます。また、頭皮を手で触って観察することもあります。

処方をもらう

AGA治療の基本的な方針は内服治療です。健康状態やAGAの進行の仕方で使用する薬が異なります。また、内服薬に加えて、直接頭皮に塗る外用薬を使用することもあります。

定期検診

定期検診では、定められた時期にクリニックを受診します。ほとんどのAGAクリニックでは、毎月クリニックで診察を受けて頭皮と毛髪の状態を観察します。博多のクリニックでは、日常生活についてもアドバイスを受けられますよ。

aga治療なら専門医院で受けるべし!
コンプレックスを解消☆

クリニックでの治療の流れ

鏡を見る人

AGAとは

AGAとは、男性にみられる薄毛のことで、正式名称を男性型脱毛症といいます。加齢による脱毛とは異なり、その原因には様々な生活習慣やホルモンが関係していると考えられています。

みんなAGAになるの?

AGAは、男性であればなる可能性がありますが、すべての男性がなるとは限りません。
AGAには男性ホルモンが関与しており、髭や体毛が濃い人に多いと言われています。
男性ホルモンであるテストステロンが5aリダクターゼという酵素と結合し、より強力なジヒドロテストステロンという男性ホルモンになります。この男性ホルモンに、髭や体毛を濃くして、毛髪を薄くする作用があります。

AGAの症状

AGAにはいくつかの進行パターンがあります。それを下記にまとめてみたので参考にしてください。
・O字型
頭のてっぺんから毛髪が薄くなっていきます。頭頂部が目立つなと感じたらこのO字型の可能性があります。
・M字型
髪の前の生え際が後ろに下がるように薄くなります。特徴として、前髪の真ん中よりも左右の生え際が後退していきます。
・U字型
生え際が全体的に後退していき、額が広くなっていくのが特徴です。
・複合型
上記の複数のパターンが合わさって進行していきます。症状の進み方が早いので早めの治療が必要です。

AGAは遺伝する

実はAGAの原因と言われる5aリダクターゼは、遺伝によってその量が大きく左右されることがわかっています。つまり、父親や祖父に頭皮が薄い人や体毛が濃い人がいる場合は、自分の5aリダクターゼの量が多い可能性があるということです。

[PR]

広告募集中